全てはここから始まった

雨の海DSCN0246

「天体望遠鏡で星を見てみたいなぁ。」

中学1年の夏休みに何気なく兄に言った一言であった。


数日後、兄は望遠鏡の自作キットを買ってきた。

口径8cmの単レンズを4cmに絞って使うものだった。

ボール紙の鏡筒で簡単に作れた。

その晩は上弦の月だった。


クレーター、山脈、平地、どれもすごかった。

本の写真で月の様子は知っているはずだった。

しかし、自分の目で直接見る月は違っていた。

太陽の光を受けて月の山々は輝いていた。

月が西に動くので地球が自転していることも感じ取れた。


それ以来、私は宇宙の虜になった。

学校の図書室の天文書は全部読んだ。

1966年の夏、私の星空散歩は始まった。



© Hideo Nara 2016